ホーム>安心の家づくり

安心の家づくり

耐震木造テクノロジー

GOOD DESIGN AWARD 2013
ロイヤルSSS構法

世界最大級木造体育館

世界最大級木造体育館

「木という素材の美しさを活かしながら、大空間をデザインする。
しかも高耐震設計で。」これは、ロイヤルSSS構法開発のベースとなった埼玉県所沢市の木造体育館建築です。この革新的なテクノロジーを戸建て住宅の建築に応用したのが、ロイヤルSSS(スリーエス)構法です。

住宅性能表示7項目で最高等級に対応

住宅性能表示7項目で最高等級に対応

ロイヤルSSS構法は、品確法の住宅性能表示7項目で最高等級に対応。
「耐震等級」「耐風等級」「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「ホルムアルデヒド発散等級」「省エネルギー等級」など、いい住まいとしての基本性能を備えています。
※標準仕様での性能等級となります。お客さまのプランや条件の変更で性能表示が異なる場合がございます。
※性能表示制度をご利用の場合は、別途申請費用が必要となります。

木造合理化認定取得

木造合理化認定取得

ロイヤルSSS構法は、公的機関である(財)日本住宅・木材技術センターの審査を経て「木造合理化システム」として認定されています。
家づくり全般の体制や、性能面、完成後の長期瑕疵保険や維持管理サービスなど、安心ブランドである証です。

高耐震テクノロジー

「高強度」木の強さとしなやかさを活かす

ロイヤルSSS構法

木には、元来、強さやしなやかさなど、優れた性能があります。
ロイヤルSSS構法では、さらにこの木の強さを活かす革新的テクノロジーを加え、地震に強い木造住宅を実現します。

強い構造

進化した高耐震木造

進化した高耐震木造
柱と梁、筋交いをバランスよく組み合わせた木造軸組工法をベースに、
接合部や床、基礎など独自の工夫を加えることで、より強い木造住宅が実現します。

金物が邪魔しない木組の美しさ

金物が邪魔しない木組の美しさ
伝統的な木組の美しさを革新的なテクノロジーで再現。
木肌が美しい表し梁の見えるリビングも設計できます。

住宅性能表示7項目で最高等級に対応

結合部の強化

耐震強度を高めるポイント、結合部の強化
巨大地震の際、柱の接合部分には大きな負担がかかります。
ロイヤルSSS構法なら、接合部をしっかりと結合。いつまでも地震に強い安心の家づくりが実現します。

高強度なピン結合

木が収縮するほど強くなる?高強度なピン結合
ロイヤルSSS構法は、アップルピンとドリフトピンが絡み合うように、がっちり結合します。
木痩せによって密着度が増すという仕組みで、木本来の強さが長持ちします。

断面欠損低減

木本来の強さを活かす、断面欠損低減
接合部分に大きな掻き込みを入れる在来工法に比べ、ロイヤルSSS構法では独自の金物を使うことで断面の掻き込みを最小限に抑制。木本来の強さを最大限に引き出します。

強い剛床

プラットホーム床構造

プラットホーム床構造で、水平剛性6.25倍
1階・2階の床は、厚さ28㎜の構造用合板を直貼りした「プラットホーム床構造」。
水平剛性は従来に比べて6.25倍(2階床の場合)となり、建物の変形を防止します。

2階床構造

2階床構造

1階床

1階床(広い床下空間を確保し、メンテナンスしやすい床システム)

強い基礎

鉄筋コンクリートベタ基礎

建物を「面」で支える、鉄筋コンクリートベタ基礎
標準採用の鉄筋コンクリートベタ基礎は、地盤との接触面積が広く荷重負荷が分散しやすいので、新造成地や軟弱地においても効果的に衝撃を逃がします。
※標準地盤の場合です。地盤調査実施後、地耐力に応じて最適な基礎工事を行います。

 

高耐久テクノロジー

「超寿命」木の耐久力を活かす

「超寿命」木の耐久力を活かす

木は、高耐久素材。よく乾燥させて用いれば、1300年を経て立派に建つ法隆寺の五重塔のように驚異的な耐久力を発揮します。
ロイヤルSSS構法では通気や結露防止など様々な対策を実施することで末永く快適に暮らしていただける安心の住まいをお届けしています。

通気対策

通気対策

壁体内の結露を防止する パッシブ通気構造
外気気温と室内温度の差が大きい場合、壁体内では結露が発生しやすい状態となっています。
もしも結露の発生が度重なると、木材を腐らせる原因となり、構造躯体の耐久性にも悪影響を及ぼします。
この壁体内結露を防ぐため、外壁材と防水透湿シートの間に通気層を設ける『パッシブ通気構造』を採用。
これは、壁体内や小屋裏の空気が日射によって温まると上昇し、冷えると下へ移動するという自然の特性を利用したもので、壁体内に湿気が侵入しても止まらせることなく外部へ排出することができます。
これにより建物の内部結露を防ぎ、構造躯体の耐久性を飛躍的に向上させています。

パッシブ通気構造

湿気や熱をこもらせない、小屋裏通の気対策
2階天井と屋根の間にある小屋裏部分は、室内から伝わる湿気や熱が溜まりやすい場所です。
この小屋裏を常に効率良く換気できるよう、棟には熱や湿気を外部へ排出する自然換気棟を設置。軒裏には軒下から棟へと空気が通り抜ける有孔板等の換気口を設け、万全の通気対策を施しています。

基礎防湿対策

地面からの湿気を考慮、基礎防湿対策
床下からの湿気以外にも、家の耐久性を著しく損なう原因のひとつに、地面から来る湿気があります。
基礎標準仕様であるベタ基礎は、鉄筋コンクリート板で床下全面を覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

基礎パッキング工法

床下の換気能力を高める、基礎パッキング工法
床下換気には、湿気を効率的に排出し、シロアリの繁殖や柱脚部の腐食を防止する『基礎パッキング工法』を採用しています。
これは木造土台部分とコンクリート基礎の間にパッキンを入れて固定するもので、一般的な基礎切り欠き換気口に比べ、1.5~2倍の換気性能を発揮。基礎の強度性能を低下させる心配もありません。

防蟻対策

シロアリ対策、防腐防蟻処理

シロアリ対策、防腐防蟻処理
大切な住まいに長く快適に住んでいただけるよう、地面から1m以内の木材には防腐防蟻性の高い樹種、もしくは薬剤塗布を施しています。
人の健康に悪影響を与えない薬剤をしようしているので安心です。〈シロアリ10年保証〉

防錆対策

錆びにくい、高耐久金物を使用

錆びにくい、高耐久金物を使用
アップルピンなどの金物、高耐久素材としてマンホールの蓋や自動車のエンジンにも使われるダクタイル鋳鉄を使用。柱と梁をがっちり結合し続けます。

長寿命のピン結合

木本来の強さが続く、長寿命のピン結合
ロイヤルSSS構法の最大の特徴のひとつは、柱と金物のの間に隙間をつくらないこと。
これにより結露による錆や腐れの心配が軽減され、木本来の強さが長持ちします。
定期的なメンテナンス、ライフスタイルなどの変化に応じたリフォームをしながら、長く住み続けることが可能です。

防水対策

2層防水構造

サッシまわりの水蜜性が向上、2層防水構造
住宅において一番漏れやすいのが、サッシ周辺です。
水密性の高いサッシと防水透湿シートを使用し、さらにサッシ周辺部からの雨水侵入を防ぐため、防水テープを用いて高い水密施工を行います。

透湿防水シート

雨・風を通さず、湿気を逃す、透湿防水シート
台風や暴風雨により、万が一外壁から雨水が侵入しても、高機能な透湿防水シートを施工しているから安心。
躯体まで雨水を通さない防水性、室内の余分な湿気を外へ逃がす透湿性を兼ね備えているので、結露を抑制し、壁体内の劣化を防ぎます。

省エネテクノロジー

「省エネ」木のエコ性能を活かす

木は、優れた断熱性能を備えています。これは、木がミクロのパイプのような無数の細胞からできており、その中には熱を伝えにくい「空気」が含まれているからです。断熱材とLow-E複層ガラスサッシでしっかり断熱。
一年中快適でエコな住まいを実現します。

エコで一年中快適、次世代省エネ仕様
SSS構法の住まいは、次世代省エネルギー基準に適合。
CO2排出を抑えることができ、地球温暖化防止にも大きく貢献します。
また、優れた断熱性能により冷暖房のランニングコストを低減し、室内温度差の少ない快適な住環境をお届けします。

エコで一年中快適、次世代省エネ仕様

24時間換気システム

24時間換気システム

シックハウス対策により、2003年からすべての住宅に24時間換気システムの設置が建築基準法で義務付けられていますが、
効率の良い換気は人の健康を守るだけでなく、建物においても乾燥や高湿度を防ぎ、耐久性を増すためにも不可欠なものです。
自然に給気し、機械で強制的に排気する、「第3種換気装置」を採用しています。給気は、花粉やホコリなどの侵入を抑える高性能フィルター搭載の給気口で、各居室ごとに外気からの新鮮な空気を自然に取り込みます。
排気は、臭気や湿気の溜まりやすい水廻りなどから強制的に排出し、家中の空気を24時間自動で入れ替えて、快適な空間を実現します。

シックハウス対策

シックハウス対策

人体に悪影響を及ぼすホルムアルデヒド低減のため、建具やフロア、キッチンや洗面化粧台の面材にいたるまで、すべての内装建材にJAS・JISが定めるホルムアルデヒド発散建築材料等級のF☆☆☆☆建材を標準採用しています。

美空間テクノロジー

「機能美」木造建築の美しさを活かす

「機能美」 木造建築の美しさを活かす

世界で称賛を浴びてきた日本の伝統的な木造建築。無駄のないシンプルデザイン、自然の色を絶妙に調和させたカラーコーディネートは、清潔で美しく、やすらぎ感に満ちた空間を創造してきました。
SSS構法では、日本の伝統を大切にした美しい住まいをデザインします。

金物が邪魔しない、木組みの美しさ

金物が邪魔しない、木組みの美しさ

伝統的な木造建築の木組みの美しさを革新的なテクノロジーで再現。
一般的な木造建築のように金物が表に露出しないので、スッキリきれい。
美しい仕上がりで、デザインの幅が広がります。

木肌が美しい、あらわし梁

木肌が美しい、あらわし梁

構造材である「梁」を仕上げ材で隠してしまわず、美しい木肌をそのままに見せる「あらわし梁」。
SSS構法なら、この「あらわし梁」のリビングや寝 室を実現することができます。自然の風合いが心地よく、力強さを感じさせる...建築雑誌などで見るようなこだわりの空間がデザインできます。

こだわり自由自在、大空間デザイン

こだわり自由自在、大空間デザイン

日本の建築は広間や続き間のように、広い空間を襖や障子で仕切り、生活シーンに応じて空間を自由自在に活用してきました。
強さにゆとりのあるSSS構法なら、仕切りのない大空間も自由自在に実現可能。
吹抜けの大ホールや、大きな窓から陽射しが注ぐ開放感あふれるリビング、お子様の成長に応じてフレキシブルに間取り変更できるプライベート空間など、ご家族のライフスタイルに応じて柔軟にデザインできます。

ページ上部へ